サウンドピーツTruefree+を1年以上使ってきた使用感

2020/11/20

育児

t f B! P L

 

サウンドピーツTruefree+を1年以上使ってきた使用感


低価格で高評価を得ているワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Truefree+」


私も実際に購入して1年以上経過しました。


高評価を得ているだけあって、長く使用していますが大きな問題点はありません。



ただ、購入するときに


「低価格がゆえに性能が気になる」


こんなことを考えました。


通常の価格が3,980円ですからね。


タイムセール中などはさらに安く購入できます!


Amazonでタイムセールを確認する


楽天市場でタイムセールを確認する




そこで今回は、低価格、高評価を得ている「Truefree+」について使用感を含めて紹介します。



・ワイヤレスイヤホンを試してみたい!

・低価格のワイヤレスイヤホンが欲しい!

・Truefreeシリーズの購入を考えている。


こんな悩みをお持ちの方はぜひご覧ください。






SOUNDPEATS Truefree+の使用感

SOUNDPEATS Truefree+の使用感


最初に「長く使用しているが大きな問題はない」と書きましたが、もう少し細かく説明していきます。


良かった点


音質


一番気になるところは音質ではないでしょうか。


低価格なのでどんな音なのかと一番気になりました。


低音はきちんと音が出ていて、音質は良いと感じました。


高音中心の音楽ではシャカシャカと少し音が強く出ている印象を受けました。


音質については好みもありますが、私の受けた印象はこのような感じです。





イヤホンのフィット感


かなりいいです。


4つのサイズ(XS、S、M、L)のイヤーピースが付属されてきますので、耳の大きさに合ったイヤーピースで使用できます。

イヤーピースのサイズ

あらかじめついていたのがMサイズ。


ちなみに私はMサイズのイヤーピースでぴったり。


妻に使ってもらったところ、Sサイズのイヤーピースでぴったりでした。



サイズの合うイヤーピースを装着していれば、走っているとき、ジャンプ、首を大きく振るなどしても落ちることはないです。





取扱説明書

取扱説明書


日本語に対応しています。


取扱説明書が1冊ついてきますが、その1冊に英語、日本語、中国語での説明があります。


製品の図解から仕様、装着方法、使用方法、ペアリングの手順など、細かく書かれているため、使い方については問題ありませんでした。





片耳だけで使える


片方のイヤホンだけケースから取り出すと片方だけペアリングができるようになります。


左側のイヤホンだけであれば「SoundPEATS TrueFree+ L」、右側のみであれば「SoundPEATS TrueFree+ R」と接続したい機器に表示されるので、表示されたものと接続することで片耳モードとなります。


私は子育て中に使いたくて購入しましたが、この片耳モードが便利でした。


子育て中、子どもが発する音は重要ですので、その音を聞き逃さないように片耳モードが重宝しました。



子育てをしているとなかなか自分の時間が取れませんから、片耳モードでふとした時間に音楽を聴いたり、本の朗読を音で聴いたりしています。





音切れ


ワイヤレスイヤホンって音切れはどうなの?なんて心配がありました。


このSOUNDPEATS Truefree+はどうなのか。


結論、特に問題なし。


というのも、長く使ってきましたが数回、音切れしたことがありました。


ただし、ワイヤレスイヤホンでは通信環境などにより仕方のないことですし、頻繁に起きたわけではありません。


Bluetooth 5.0対応のため、転送速度などもよく音切れも最小限に抑えられていることは間違いありません。





使用可能時間


イヤホンはフル充電して約3時間30分使用できます。


イヤホンケースに格納することで充電ができるようになっています。


イヤホンケースをフル充電した場合、約9回はイヤホンの充電が可能です。


イヤホンを使用したらケースにしまうことで、USB充電をしなくても長い間使用することができます。


※充電ケースバッテリー容量 800mAh(取扱説明書より)





通話が可能


マイクが搭載されているため、家事をしているときなど手が離せないときにハンズフリーで通話ができます。


イヤホンにボタンがついていて、押すだけで電話に出る、または切ることが可能です。


防水機能もあるため、水を使った家事などの最中でも安心して使えます。





自動ペアリング


最初に1度ペアリングをしてしまえば、2回目以降はケースから取り出すだけでペアリングしてくれるため、すぐに音楽などを聴くことができます。





コンパクト


想像していた以上にコンパクトでした。



持ち運ぶにも邪魔にならない大きさです。






悪かった点


ケースから取り出しにくい


ケースには指を入れるくぼみがあり、イヤホンをひっかけて取れるようになっていますがイヤホンの側面がつるつるしているので取り出しにくい。


また、男性の指の太さを考えるとくぼみが少し小さく、奥まで入れない可能性があります。


ケースをコンパクトにするためには仕方のないことなのかもしれません。





左右独立型なので失くしやすい


完全ワイヤレスイヤホン全体に言えることですが、小さいものなので失くしやすい。


最近、外出時にマスクをすることが多いですが、マスクを外すときなどに落ちてしまい紛失ということが多いようです。


気を付けて使っていれば問題ないでしょう。





SOUNDPEATS Truefree+を1年間以上使ってきた使用感【まとめ】

SOUNDPEATS Truefree+を1年間以上使ってきた使用感【まとめ】


SOUNDPEATS Truefree+を使ってきた使用感を中心に良かった点、悪かった点を紹介してきました。


もう一度、良かった点、悪かった点をまとめておきます。



良かった点
  • 良かった点
  • 音質が良い
  • イヤホンのフィット感
  • 日本語対応の取扱説明書
  • 片耳だけで使える片耳モードあり
  • 音切れがほとんどない
  • 1回の充電で長く使える
  • マイク搭載で通話が可能
  • 2回目以降は自動でペアリング



悪かった点
  • ケースから取り出しにくい
  • 左右独立型なので失くす危険性あり




欠点がほとんどないコスパ最高のワイヤレスイヤホン。


低価格でこの性能はありがたいです。


値段相応ではなく値段以上でしたね。


現在も使用していますが、ほかのワイヤレスイヤホンに買い替えようと思うこともないですね。



ちなみに、私は子どもが寝ているときに動画の視聴や音楽を聴きたくて購入しました。


子育て中のちょっとしたリフレッシュに大活躍です。



おしゃれな白もいいですね。




QooQ